Blog

「エンジニアのための英語講座」の始まりです!!

2018/9/14 19:30

はじめまして、dott10番目のメンバー鈴木です。

先日完了しました自社サイトのリニューアルを担当させて頂きました。一通りご覧頂けましたでしょうか?


dottには、”乗りと雰囲気”という流れに身を任せていると加入することになりました。共通の知人よりご紹介いただいたのですが、やはり事前に企業情報を調べてみたくなりますよね…?
まず一番に参考にするのがウェブサイトかと思います。それが本当にさっぱりとした情報量だったと記憶しています。他社へ向けたサービスにただただ注力していたようです。

 

そんな自社サイトですが、より充実したものとなるようメンバー全員で更新していきます。興味の引くコンテンツを提供できるように努めてまいりますので、ご期待ください!

 

 

「エンジニアのための英語講座」について

 

私はこちらのテーマの連載記事を投稿していくことになりました。その前に少しばかりこれまでの経験を紹介させてください。

 

ローカリゼーションという多言語への産業翻訳を中心に従事してきました。日系/外資系問わず多いものでは23言語による多言語展開のプロジェクトにて取扱説明書やFAQサイト、UIなどの制作を様々な立場にて担当してきました。苦慮しながら試行錯誤した経験を少しでも共有して、お役立て頂けたらと考えています。

分かりやすく説明したつもりですが、一般的には馴染みの薄い業務であるため想像するのが難しいと感じています。

 

あまり身構えずに↓のような人間が恥ずかしげもなく書いていると想定してもらえたらと思います。

  • 英語での実務経験
  • 半年ほどの留学経験
  • TOEICは900点まで取得

 

もともとネイティブではありませんので、学習していく際の課題や苦しみを理解しているつもりです。

また、エンジニアやクリエイターは自身の専門分野について学び続ける必要があるため、英語学習に割ける時間は限られているとも認識しています。

この連載の内容を継続していくことで、英語力が原因で不自由することをグッと少なくしていけるはずです。

 

 

対象

 

中学生レベルから学び直してみたい方

(例えば、dottメンバー草野くん 風貌も英語力も中学生レベルの彼に向けた公開講座のつもりで進めていこうかな?)

 


目的/目標

 

  • スピーキング

 →自己紹介をできる程度(長さは1分、3分程度に対応)

  • ライティング

 →自己紹介時に想定される簡潔/簡単な内容の文章100個用意(その時の状況に応じて適切なものを口頭で無理なく引き出せる準備)

 →プロジェクトにて最低限の意思疎通をチャットで図れる

  • リーディング

 →業務関連の最新情報を収集できる

 →単語検索可能なツールを使用しながら、コードについて調査できる

  • リスニング

 →テレビ会議での重要な内容を何とか聞き取り理解する程度

 


予定する講座内容について

 

  • まずは気楽にウォーミングアップ! 英語ができるとは?
  • 自己紹介100本ノック!! スパルタ式は嫌いです…
  • オンライン英会話の活用法 自己紹介100本ノックのおさらいも
  • 英会話の構造(困ったときの間をとる、とりあえずフレーズ集)
  • 英語が上達した暁には…? 期待できる機会や可能性について
  • ITエンジニアに最適なコロケーション習熟法
  • 独断と偏見によるオススメ英語学習書
  • 英単語暗記法 五感を総動員して
  • 暗記のための脳科学 忘却曲線を逆手に取る
  • ズボラな学習者のための英語上達法その1 〇〇の設定を…
  • 〇〇〇英語学習法 既知の技術との相乗効果

 

各回の内容は1話完結型で独立させていきますが、互いに関連性も考慮しています。休憩時間にでも気楽にご一読頂けましたら嬉しく思います。

それでは、次回より講座内容に入っていきます。

よろしくお願いします!!

ディレクター/エンジニア

Takahiro Suzuki

乗りと雰囲気で流れ着いたdott10番目のメンバー。 ユーザー、クライアント、クリエイターに寄り添うディレクター/エンジニアでありたい...
最新記事