Works

IoT

チャットアプリ

Summary

Ionicで作成のチャットアプリを作成しました。
各種センサーや監視カメラなどと連携してデータのやりとりのハブとなるスマホアプリです。

Technology

Ionic Framework

アプリはIonicを使って全て作られています。IonicはCordovaをベースに、独自のUI、Angularを内包しており、Ionic NativeというプラグインをAngularで使いやすく提供する機能などがあります。

Firebase Cloud Messaging (FCM)

通知は全てFCMで行っており、チャットルーム内の更新も、FCMでの配信をトリガーに最新のデータを取得しています。
FCMでは、以前はiOSやAndroidを別々に用意しなければならなかった通知周りの機能・インフラを非常に定額でラッピングしてくれているサービス。Androidが通知の仕組みとして使っていたGoogle Cloud Messagingが置き換わって現在はFCMになっています。
全てFCMが管理してくれているので、使う側としてはiOSとAndroidの差異を意識することなく使える。Ionic、CordovaのようなOSをあまり意識することのないモバイルアプリ制作に、非常にマッチしています。

Google Cloud Datastore

DBはGAEと相性の良いGCDを使っており、こちらもMySQLのインスタンス(Cloud SQL)を建てることに比べれば、非常に低額で運用することができ、性能もCloud SQLのスタンダードインスタンスに比べても何の遜色もない印象です。

Mapbox

アプリ側での地図はOSMをベースにしたMapboxを利用しています。
OSMの弱点でもある、地図のデザイン・みやすさ、APIの使いやすさを全て吸収してくれています。

Team
  • 清水俊之介

  • 齊藤真那

  • 浅井渉